実質年率15%に関する実際

近年一般的になってきたキャッシングやクレジットカードにおける
リボ払いでは利息がかかっていることが一般的です。

毎月の貸付残高に対して契約されている金利を上乗せしていく仕組みに
なっているのですが、実際のところよくわかっていない人も多いのではないでしょうか。

この様な種類の金融商品としてはカードローンやリボ払いのように
様々な種類がありますが、実質年率(利子wikipedia)15%程度の契約はいくらでもある
一般的なものになっています。

実際のどれくらいの負担になるのか

それでは実質年率15%の利息というのはどれくらいの負担なのでしょうか。
仮に実質年率15%で一年お金を100万円借りたとしましょう。
その場合に課される利息というのは15万円になります。
これを月々で割ると、一月あたり12500円の利息がついていくことになります。
実際に借りている金額が半分であれば利息も半分になります。

銀行などのカードローン契約でお金を借りる場合はその金額にもよりますが
実質年率11~15%での契約がほとんどで、差は付帯サービスで考える場合がほとんどです。
実際に実質年率の表記が低くても大半がキャッシング即日融資で借入をする場合は小額でしょうから金利も下限のほうが採用されることも認識しておきましょう。
とはいえ、かつてのように消費者金融でも怪しげな商売は出来なくなっていますので
ある程度は安心して使うことが出来るでしょう。
この利息は元本が減らない限りは永遠についてきます。
そのため利息を少なくするためには計画的に元本を減らしていかなければなりません。
余裕があるのにリボ払いを続けているのは余計に利息を支払っていること
そのものになるので注意しましょう。